ガウディはバルセロナで建築を学んだ

アントニ・ガウディは、1852年6月25日午前9時半[1]、カタルーニャ州タラゴナ県に、フランセスク・ガウディ・イ・セラとその妻アントニア・クルネット[2]・イ・ベルトランの5人目の子として生まれた。一家の次女マリアと長男のフランセスクはそれぞれ幼くして亡くなったため、三男アントニは長女のローザ、次男のフランセスクとの3人姉弟の弟として成長した。
ガウディの出生地とされる場所には、レウスとその近郊の村リウドムス(Riudoms)の2箇所がある。レウス説は、洗礼を受けた聖ペラ教会の台帳や学校に提出された書類に基づくものである。その一方で、ガウディはリウドムスのマス・デ・ラ・カルデレラ(Mas de la Calderera)で生まれ、洗礼をレウスで行なったとも伝えられている。[3]
ガウディ家の先祖は17世紀初頭にフランス、オーヴェルニュ地方からリウドムスへやってきた。リウドムス出身の父フランセスクは、銅板を加工して鍋や釜を作る銅細工師であり、「銅細工師の家」の意味をもつマス・デ・ラ・カルデレラは彼の仕事場であった。ガウディは父方・母方ともに銅細工職人という家系に生まれたことが、空間を把握するという、自らの建築家としての素地となったと考えていた。

建造物の解体

 歴史的に重要な建造物は後世に残されることが一般的ですが、たとえば日本国内だと明治時代以降に造られた建物は解体されることがしばしばあります。
 老朽化した建造物に対して、適切な補修工事をして維持する自治体もいますが、利用者および周辺住民や通行人への安全性を確保できないと判断する場合は、やむを得ず解体工事をすることに。
 建物を残すか解体するかについては、当然、住民の間でも賛否両論となるわけですが、解体という選択肢を取る場合、自治体は解体工事専門業者へと依頼を頼みます。
 札幌 住宅解体 株式会社モエレ産業