スパニッシュ・タウン

スパニッシュ・タウン(Spanish Town)は、16世紀から19世紀の間の、スペイン領および英国領時代のジャマイカのかつての首都で、世界遺産に登録されている。英国国外の最古の聖公会の教会がある。 1534年、スペイン人は、植民地の首都として、ビジャ・デ・ラ・ベガを建設する。後に、それはサンティアゴ・デ・ラ・ベガと呼ばれた。先住民のタイノ族がこの地に住んでいたが、ジャマイカ島南部では最初のヨーロッパ人の居住地となる。1655年に英国がジャマイカを占領した時、スパニッシュ・タウンと改名した。この町が戦争による激しい被害を受けてから、英国統治が開始される間にはポート・ロイヤルに非公式な首都としての機能を移す。1692年、ポート・ロイヤルが地震によって壊滅し、再びスパニッシュ・タウンに首都を建設した。 町の中央には、ロドニー記念館や、1872年までの知事の住居など、いくつかの古い様式の建物がある。 スパニッシュ・タウンの人口は148,845人で、急激に増えており、そのため都市の暴力と犯罪が目に見えて増加している。政府による暴力を止めるための施策はどれもうまくいっていない。知事レイモス・ノーティスは、スパニッシュ・タウンの問題は十分な仕事と教育の機会ではなく、多すぎる銃にある、と発言した。〜Wiki〜

クレジットカードとカードローン

クレジットカードの主な機能として、リボ払いやカードローン、キャッシング機能があげられます。
これらは、お金に困ったときには大変便利な機能で、既に多くの方がご利用されていると思いますが、ひとつ考えて欲しいのは、クレジットカードに付帯されているカードローンは決して低金利カードローンでは無いということです。
少々、面倒に思うかもしれませんが、低金利でお金を調達しようとしたら、まずは銀行へ行ってカードローンの相談若しくは申込みをしてみることです。DCキャッシュワンやプロミスなどのカードローンは実質年率18%ほど要するのに対して、銀行の利率は10%未満がザラ。
場合によっては、浮いたお金でスペイン旅行だって可能かもしれません。そのくらいスワップ金利、いやカードローンの金利差は後々家計に響いてくるのです。
よく考えて、低金利カードローンを比較、選択するよう日ごろから心がけましょう。

FXとスワップ金利

資産運用の一つとして外貨建て商品があります。外貨預金はもちろんですが、最近では外貨MMFやFXも人気を集めており、とくにFXは手軽な資金で投資ができるとしてサラリーマンにも広く支持されている商品です。このFXですが、為替差益を狙う以外に、スワップ金利でコツコツ資産を増やす方法があります。そのとき、FX会社によってスワップ金利は異なりますから、口座開設する際はFXを比較して、スワップ金利が高いFX会社を探さなくてはなりません。
ということで、独自にスワップ金利が高いFX会社を探したところ、どうやら、フォーランドオンライン、またはマネーパートナーズが高いという結論にたどり着きました。もし、FXをされるなら、ぜひ参考としてください。将来的には、たまったスワップでスペイン旅行へいけるかもしませんから。いつかはスパニッシュ!です。

MENU

 オリコンに「ネット証券 総合満足度ベスト14」というのをご存知でしょうか?
 顧客満足度の高いネット証券をユーザーが点数付した結果を載せているのですが、ネット証券最大手であるSBI証券は毎年1位を獲得しています。
 2013年度の結果を見ると、総合得点72.87点。
 個別の評価を見ていくと、「取扱商品量」で1位を獲得しているほかは、“1位”はないんですね。
 それでも顧客満足度総合1位を獲得している理由は、どのカテゴリも評価が高いんです。2位の評価は、他の企業を差し置いて断トツの6分野。
 まさに、総合評価で1位を獲得するにふさわしい証券会社であると思います。
 ちなみに、2位にランクインしたGMOクリック証券は雑誌等のメディアでも取り上げられますが、「口座開設の容易さ」「手数料・取引コスト」「取引ツールの利便性」の3部門で1位を獲得しており、視点によってはSBI証券よりも満足する方が多い証券会社ではないかと思います。
 このように、所詮、ランキングは目安であって、自分の投資スタンスに合った証券会社を探そうとしたら、数社で口座開設をして使い心地をチェックするほかないのではないかと思います。
 ネット証券選びで他の有力なサイトを挙げるとすれば、下記のサイトですね。
 http://www.netsec.jp/